参拝している女性

生活保護に対応

手を合わせる女性

生活保護は健康で文化的な最低限の生活保障とされていますが、その中には葬儀費用も含まれます。その対象者ですが、生活保護を受給していた本人が亡くなった場合、または生活保護受給者が葬儀の施主になった場合がそれにあたります。 生活保護受給者は基本的に扶養する家族がいませんので、本人が亡くなったときは、民生委員や関係性のある人が葬儀を申請しておこなうことになります。 施主になった場合は、亡くなった方がお金を残していないときに限り、簡素な葬儀をあげる費用が支給されることになっており、たとえばお坊さんを呼んだり位牌を用意するということは原則できません。要は遺体を棺に入れて火葬等をおこなうといった形の葬儀となります。

葬儀への援助は葬祭扶助制度と呼ばれますが、その金額は大人が201,000円、子供が160,800円となっています。 ただ気をつける点をあげるとするならば、葬祭扶助の申請は葬儀前におこなわくてはならないことです。死亡が確認された後、自治体の福祉課等に申請をおこない、その後葬儀屋さんなどにお願いする形となります。さらに原則、申請者の住民票があるところで執り行うことになっています。 ちなみに、自治体によっては葬儀に必要とされる物の判断がわかれていることもあり、先述したお坊さんの読経費用や位牌費用といったものが含まれることがあります。これらも含めて、詳しいことは役所や役場の担当者に聞けば、詳しく教えてくれるでしょう。

お墓の前に立つ男女

土地探しから

しっかりした墓石を建てるには、まずはそのための土地を探すところから始まります。土地を探し、石を選び、業者を選び、それからやっと始めることが出来る。そういう作業だということを、覚えておきましょう。

Read More

お寺の内部

チェックするべき項目

遺品整理を扱う業者にもたくさんあるため、チェックするべき項目を押さえているかどうかは重要な選択基準です。地元密着の業者や。古物商許可証を取得しているか、という点は特に見逃せません。また、対応時間や地域にも注目したいです。

Read More

クリスタルの数珠と木の数珠

対応できる範囲

遺品整理を依頼する中で、対応できる範囲はどこまであるのかわかると、頼みやすいサービスだということもわかります。処分する手続きが必要な物、預貯金や契約書などの重要な物、そういった物品にも適切な判断ができます。

Read More

色々な形の墓石

どう扱うのか

家族が大切にしていた物を整理するといった場合には、どう扱ったら良いのかわからなくなることが多くなります。そういった場合には、プロの業者に依頼して解決しておきましょう。

Read More

オススメリンク

    株式会社八光殿

    形式から選ぶことができるので、家族葬を八尾市で希望したいと思っているならこちらの内容を確認しておくといいです。